「ふるさと映画祭 in 名古屋」4月6日北文化小劇場(名古屋市北区)にて開催決定!名古屋公式アンバサダー・手羽先センセーションが舞台挨拶に登壇

地方創生をテーマにオリジナル映画を上映する「ふるさと映画祭」が2024年4月6日(土)、名古屋市北区の北文化小劇場で開催されます。2022年12月秋葉原で開催以降、規模を拡大し今年は日本各地で行われ、中部地方初の名古屋開催が決定しました。当日は会場にてふるさと映画祭の名古屋公式アンバサダーを務めるご当地アイドルグループ「手羽先センセーション」が舞台挨拶に登壇します。料金は会場1日券税込999円、チケット購入はオンラインで受付中。

上映作品をチェック!「貧困女子」「クジラの島とくのしま」

ふるさと映画祭の作品は、地方創生をテーマに日本各地で撮影され、その地域の名産物や観光地・グルメなどをオリジナルストーリーの中で映し出し、そこに行ってみたい食べてみたいと思える地域の魅力に気づきをもたらす映像作品となっています。

今回上映されるのは、東京都で撮影され貧困に悩む女性の葛藤や成長などリアルな姿を5人の女性を通して描くオムニバス映画「貧困女子」と、鹿児島県・奄美群島の一つ・徳之島を舞台とした「クジラの島とくのしま」の2作品です。

「貧困女子」は貧困に悩む女性に焦点を当て、葛藤や成長などリアルな姿を描くヒューマンドラマ。高校生・大学生・OL・主婦・家族・・・立場や境遇が異なる5人の女性が主役の5 本のオリジナルオムニバス映画です。名古屋のご当地アイドルグループとして成長中の手羽先センセーションのカワイレナのほか、Z世代女子に絶大な人気を誇るインフルエンサー横田未来などが主演を務めています。

出演:横田未来、カワイレナ、ひだか、陽向舞、仲沢のあ

「クジラの島とくのしま」はクジラに憧れて鹿児島県徳之島に移住する島ガール・前田海役として鹿児島県出身の藤園麗(元 AKB48)、生まれ育った徳之島を海に紹介することとなる男性・川畑守役に鹿児島県徳之島出身の芸人・キンボシ西田淳裕が出演。

地方創生をテーマに全国各地の物産や観光地など、地域の魅力を交えながら短編映画を製作する地方創生映画シリーズ。鹿児島県徳之島を舞台に、クジラを始めとする徳之島ならではの観光やグルメなどが数多く登場します。

「ふるさと映画祭 ㏌ 名古屋」開催概要

会場:北文化小劇場(公式HP) 
住所:愛知県名古屋市北区区志賀町4丁目60番地の31 2階
日時:2024年4月6日(土)14時~16時(13時30分開場)
主催:ふるさと映画祭 2023
企画:ふるさと映画祭 2023 実行委員会

詳しくは、ふるさと映画祭公式HPをご確認ください。

※掲載情報は公開日時点のものとなります

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フカボリトウカイは名古屋を中心とした東海地方の街ネタや、ちょっとお得な情報などをフカボリするメディアを目指しています。

目次
閉じる