「ジブリパーク」の新エリア「魔女の谷」で映画の世界を堪能!魔女が登場する作品をイメージした建物や店が登場

2024年3月16日(土)、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園内にある「ジブリパーク」に、新エリア「魔女の谷」が開園しました。

『魔女の宅急便』や『ハウルの動く城』、『アーヤと魔女』など、魔法や魔女が登場する作品をイメージしたエリアには、それぞれの劇中で登場する建物やヨーロッパ風の街並みを巡ることができます。

今回は新エリア「魔女の谷」の見どころをお届けします♪

目次

新エリア「魔女の谷」の注目ポイントをフカボリ!

魔法や魔女が登場するジブリ作品をモチーフにした新エリアは、細部まで見どころ満載。

ここからは作品ごとにスポットをご紹介します。映画の場面を想像しながらチェックしてみてくださいね!

【魔女の宅急便】劇中をモチーフにしたパンのほか、オリジナル商品が購入できる「グーチョキパン屋」

「ナポリタン」や「ういろうカヌレ」といったオリジナル商品も並ぶ

『魔女の宅急便』の主人公・キキが黒猫のジジと屋根裏で暮らした「グーチョキパン屋」。ヨーロッパの伝統的な木造建築技法によって建てられた店は、1階のパン屋では、実際にパンを購入することができます!

店の裏庭へまわり、階段を上がると、キキが過ごした屋根裏部屋が。エリア内には『魔女の宅急便』の「オキノ邸」もあるのでぜひのぞいてみてくださいね♪

キキたちが過ごした屋根裏部屋
「オキノ邸」の庭園では四季の草花を見ることができる
オキノ邸1階にあるキキの母親・コキリが薬を調合する「魔女の店」

※「ジブリパーク大さんぽ券プレミアム」をお持ちの方は「オキノ邸」の内部を観覧できます。

【ハウルの動く城】大迫力!ハウルの寝室やアトリエがのぞける「ハウルの城」

荒れ地の中にそびえ立つ「ハウルの城」

『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」は、1時間に数回だけ城の一部が動き、煙をはく様子が見られるそう!1階にはハウルたちが過ごしたカルシファーの炉のある居間や、2階にはハウルの寝室や衣裳部屋があり、作品の世界観を堪能できます。

主人公・ソフィーが切り盛りする「ハッター帽子店」は、1階がオリジナルのキャンディ缶や帽子を販売するショップに。2階は魔女や魔法にまつわる書籍がそろう「魔女の本棚」になっています。ソフィーが帽子を作る作業場をのぞくこともできるので、細部の装飾までじっくり見て楽しむのもいいですね。

「ハッター帽子店」を奥に進むとソフィーの作業場をのぞくことができる

※「ジブリパーク大さんぽ券プレミアム」をお持ちの方は「ハウルの城」の内部を観覧できます。

【アーヤと魔女】アーヤたちの暮らしを細部まで表現した「魔女の家」

主人公・アーヤと魔女・ベラ・ヤーガが暮らす「魔女の家」

アーヤが引き取られた「魔女の家」は、魔女のベラ・ヤーガのあやしげな作業部屋やアーヤの寝室を見ることができます。登場人物たちが今にも現れそうな生活空間は、見ているだけでも楽しめます。

作品にも登場するアーヤの寝室
生活感を感じさせるカラフルなキッチン

※「ジブリパーク大さんぽ券プレミアム」をお持ちの方は「魔女の家」の内部を観覧できます。

テイクアウト専門店で「ジブリパーク」のグルメを楽しもう!

フライドポテトやソフトドリンクのほか、魔女の谷のビールなども販売

黄色の外観にネオンが光り、ネコがドタバタと飛び跳ねる看板が目印の「ホットドッグスタンド ホット・ティン・ルーフ」。ネコの手形をしたパンにソーセージを挟んだ「ネコの手ドッグ」は、白・黒の2種を販売しています。

「ネコの手ドッグ」(990円)のソーセージには愛知県産の三河豚を使用

営業時間:10:00~16:30

※営業時間は今後変更の可能性があります。

※価格は税込表示です。商品は売り切れの場合があります。

新エリアを散策して、ジブリ作品の世界を没入体験!

エリア内に足を踏み入れた瞬間から、スタジオジブリ作品の世界にどっぷりと浸れる「魔女の谷エリア」。今回紹介したスポットのほかにも、レストランやショップなどがあります!

ジブリ作品を予習して、新エリアに出かけてみてはいかがでしょうか。

ジブリパークについての詳細はこちら!

所在地:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園内

営業時間:平日10:00~17:00、土・日曜・祝日9:00~17:00

休園日:火曜(休日の場合は翌平日)、年末年始、メンテナンス作業による指定日ほか

チケット:チケットは予約制、毎月10日発売

・「Boo-Wooチケット」ほかで販売中

URL:公式HP

©Studio Ghibli

※ジブリパークには専用駐車場がありません。詳しいアクセス方法はジブリパーク公式HPをご確認ください。

※ジブリパークは通常の営業時、一部を除き、撮影できません。

※掲載されている情報は公開日時点のものになります。最新の情報は公式HPをご確認ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フカボリトウカイは名古屋を中心とした東海地方の街ネタや、ちょっとお得な情報などをフカボリするメディアを目指しています。

目次
閉じる